新社会人がレザーの財布を選ぶならホワイトハウスコックス一択!

ファッション
スポンサーリンク

こんにちはokiです!
春から新社会人になる皆さん
準備は済んだでしょうか?

もし済んでいない方は、この冬のうちに準備しておくのが得策ですよ。
社会人になってからは、自由な時間も少ないため、心に余裕を持ってアイテムを選べるのが今の時期なのです。

今日はそんな皆さんにおすすめな『ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)』の革財布を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)とは?


出典:frame

1875年に生まれた英国(イギリス)のレザーアイテムブランド
使用している革は、ブライドルレザーと呼ばれ、エイジングと耐久性が特徴です。英国の上流階級の方々もホワイトハウスコックスのアイテムを愛用し、長年愛されてきたブランドです。英国御三家のブランドの一つでもあります。

 


出典:zozo

新社会人という大人のステージに立つなら、レザーの中でもやっぱり『本格派』を味わいたいところです。そんな想いをホワイトハウスコックスが叶えてくれます。

財布と聞くとハイブランドを思い浮かべがちですが、財布やベルトなどのレザー専門ブランドからチョイスした方が大人っぽさを演出できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ブライドルレザーとは?

ホワイトハウスコックスで使用されている『ブライドルレザー』
一般的な革との違いは、一言で言うと味わいの深さです。

 


出典:zozo

購入したばかりだと画像のように、白い粉のようなものが付着しています。これはブルームと呼ばれ、その正体はレザーに染み込んだロウなのです。
このロウを染み込ませていることで、レザーの耐水性を向上させています。


出典:zozo

ブルームってずっと取れないの??と、疑問を持つ方!

安心してください。
使い込んでいくうちに、表面のブルームは馴染んでいき、白っぽさは無くなり、じわじわと艶が出てきます。
使い込めば使い込むほど、表情を変える味わい深い財布です。

社会人1年目で使い始め、「ブライドルレザーと共にこれからの新生活を歩んでいく」と考えるとやっぱり手に入れるなら今がタイミングですね!

お手入れですが、特にオイルなどを塗る必要はありません。
かえってブライドルレザーを悪くしてしまう可能性があるため、乾いた布で拭き掃除をする程度にしましょう。

 

スポンサーリンク

ホワイトハウスコックスと言えば三つ折り!

ホワイトハウスコックスの財布で一番人気なのが、三つ折り財布
二つ折りや長財布はユーザーが多いですが、三つ折りは少ないです。
周りの目を惹くこと間違いなしですよ!

 


出典:zozo

程よいコンパクトさに加えて、カードも充分に入る容量です。
手に持ってもしっくりくるサイズ感なので、バッグを持たないメンズにも嬉しいですよ。

お札は折らなくても入るので、お会計の際もスマートにやり取りできます。

 


出典:zozo

しかし、小銭入れの容量は少しだけ寂しい印象です。
会計時にマメに小銭を出すようにすれば問題はありませんが、面倒くさがりの方はもしかしたら向かないかもしれません。

 

スポンサーリンク

豊富なカラーパターンも嬉しい!


出典:rakuten

ホワイトハウスコックスは、カラーバリュエーションも他のブランドを比較して多いです。
ブラック・ネイビー・ブラウンの定番色に加え、キャメルやオリーブ、レッドなどの目を惹くカラーもラインナップされているのが嬉しいです。

メインは長財布にして、旅行用などのサブとしてホワイトハウスコックスの三つ折り財布を使えば、カラー遊びも楽しみやすいのでいいかもしれません。

 

 

 

以上、新社会人にオススメの革財布ブランド『ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)』の特集でした。

冒頭にも書きましたが、大人ならハイブランドでなく、財布を専門に作っているブランドを持つべきだと個人的に考えています。

是非、ホワイトハウスコックスのブライドルレザーと共に新生活を始めてみませんか?

 

 

コメント