スポーツ男子必見!がっしり体型をスタイルアップさせるコーディネイト術

トピック
スポンサーリンク

こんにちはokiです!

突然ですが、私は小・中・高校とサッカー部に所属し、毎日ボールを蹴って追いかけていました。

20代になった現在も社会人のサッカーチームに所属し、バリバリ活動を行なっています!

そんな私ですが、悩み・・というかコンプレックスがあります。

そう。脚が太い。

特にふくらはぎが異常に太い・・・・

おそらくスポーツをやっている、もしくは昔スポーツをやっていた方は結構気にしているのでは?と思います。

脚が太いと何と言っても洋服の着こなしが難しい!

そんな悩みを持つスポーツマン達に、本日はがっしり体型をスタイルアップさせるコーディネイト術を紹介します!

 

スポンサーリンク

スキニーを履きたい!

まず前提条件として、「太めのパンツで脚を隠しちゃえ!」という方法がありますが、本日紹介はしません。

これは誰でも知っているからです。

しかも脚が太くて悩んでいる人って、大抵は「スキニーなどの細身のパンツをかっこよく履きたい」と思っているはずです。

もはや、脚太男子の永遠の夢ですね笑

なので、今回は細身のパンツを使ったスタイルアップコーデ術を紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

逆三角形をイメージ

コーディネイトのシルエットですが、逆三角形をイメージしてください!

この逆三角形のシルエットをファッション用語で“Vライン”と言います。

Vの文字のような形ってことです!

今流行りのオーバーサイズのアウターなどが使いやすいかと思います。

出典:http://wear.jp

なぜVラインかと言うと、単純に脚を細く見せたいなら他を太くさせてやれば良いのです。

 

スポンサーリンク

ハットでボリュームを出す!

今のVラインの考え方です。

特に頭は、脚から一番遠い箇所なので、逆三角形を意識させるためにボリュームを出したいところです!

あまり注目して欲しくない脚から、視線を遠ざける効果もありますよ!

つば広ハットなどが最適です。

 

スポンサーリンク

スキニーの選び方に注意!

スキニーの選び方にも注意が必要です。

  • スキニーの裾部分(足の出口)はなるべく細くする
  • 丈は足首にかからない程度を目安にする

この2つに注意して選びましょう!

これらは、スキニーを使ったスタイルアップ術でかなり大切なことです。

※より詳しくスキニーの選び方を知りたい方はこちら↓

流行りのスキニーデニムの履き方とは?コーディネイトや選び方なども細かく説明します。
メンズファッション流行の期限はレディースファッションから! 昔はスキニー自体が女性が履くものであり、男性は太めパンツが当たり前でした。 しかし最近では、男性もスキニーを履くようになり、スキニーはメンズファッションにおいても定...

 

スポンサーリンク

コーディネイト集

次に、ここまで説明したテクニックを使ったコーディネイト集を紹介します。

是非参考にしてみてください!

 

肩掛けでVライン

出典:http://wear.jp

ジャケットを肩掛けすることで、肩にボリュームを出したVラインコーデです。

このように足首見せしているのもスタイルアップのテクニックです。

 

つば広ハットコーデ

出典:http://wear.jp

つば広ハットはかなり使えます!

しかも肩掛けとの相性は抜群なので、写真のようにダブルで使うのも◎

 

スキニー

出典:http://wear.jp

これが先ほど説明したスキニーの形です。

脚にピッタリ添うような形が、スタイルアップのポイントです!

 

スポンサーリンク

最後に

以上、がっしり体型をスタイルアップさせるコーディネイト術でした。

さらに上を目指したいという方に、もう一つアドバイスをしたいと思います!

上半身の筋トレをしましょう!

シンプルですがかなり効果的です。

自分の身体でVラインを作っちゃえってことです!

中でも肩周りを鍛えることで、逆三角形の身体を手に入れることができます。

脚を細くする努力をするより、肩などの上半身を鍛える方が、簡単で効率的なんですよ!

お洒落には体型維持も必須です。

みなさん気を抜かず頑張っていきましょう!

コメント